ブログblog

2020.08.26ブログ

【雅楽】がんばらずに練習時間を作る方法



みなさんこんにちは。山口です。

 

今日のお題はがんばらずに練習時間を作る方法という、

 

どうやってがんばらずに練習時間なんて作るんだよという

 

ちょーっと難しいお話をしようかと思います

 

突然ですがみなさん。1日1日がんばっていますかー?

 

1日がんばったらもうめーっちゃつかれますよね?

 

仕事とかやっていたらまず練習時間を作るのがすごく大変!

 

かつて山口も法人で勤務をしていた時なんて

 

練習をする時間を確保するのがめーっちゃ難しかった・・・

 

でも、この1日1日をがんばりすぎるのは、

 

「日本人の習性」だったりするんですね。

 

ちなみに山口は最近、オケイコの仕事やこのYoutube撮影、

 

ブログを書くなど以外は何もしていない状況ですが、

 

1日1管多くて2時間しか練習しません。

 

え?演奏家なのにそれだけで大丈夫なんですか?

 

と言われるかも知れませんが、それで十分です。

 

ていうか、1日三管そんだけ練習したら

 

もう6時間かかりますね・・・

 

さすがにいくら演奏家とはいえど、

 

毎日それをやるとなると集中力がもちません。

 

その1時間の中の練習を、

 

普段の練習の生産性を10倍にできる

 

練習ができたらいいんです。

 

今日はそんな、がんばらずに

 

練習時間を作る方法というのを、

 

元Googleの人材育成部長だった

 

ピョートル・フェリリクス・クジバチさん

 

「がんばらない働き方」という本を元に、

 

どうすれば毎日練習時間を確保することが

 

出来るのかを解説していきたいと思います。








 




 

1,そもそもなんで練習時間が作れないのか?


2,じゃあどうすれば練習時間を生み出すことができるのか?


3,山口のがんばらずに練習時間を生み出している方法とは?


 

1, そもそもなんで練習時間が作れないのか?


僕は大学卒業後くらいから知り合いとかから

 

こういう悩みを聞くことがよくあるんですね。

「練習する時間がないんだよね」


「社会人になったら忙しくて練習が毎日できない。」


「残業がなくなれば練習ができる」

 

このような感じでみなさんも毎日過ごされていますかね?

 

毎日の予定がパンパン!

 

もう鬼のようにやることがたまって

 

雅楽の練習なんて絶対できねーよ!

 

と思っている方も多いかと思います。

 

逆に仕事とかあ休みの日ができてまとまった時間ができて、

 

その時間で集中的にやろうとしてもうまくいかない・・・

 

こういうこともよくありますよね?

 

演奏会前やオケイコの日とかに

 

ようやくやらざる終えないからやってみるものの、

 

日頃練習ができていないから満足に演奏ができず、

 

色々指摘されてしまう・・・

 

こういう感じで練習しなきゃ練習しなきゃ・・・

 

てなっていくものの、

 

仕事とかの業務の量が多かったり会議や飲み会、

 

取引先のメールや友達関係のLINEなどを返して、

 

最終的には時間ができても、

 

自分を慰めるためにスマホやゲームいじったり・・・

 

このような1日に陥っている人も多いかと思います。

 

それはなぜかと言えば、やることリスト、

 

それが自分の予定の中で

 

どんどんパンパンになってしまっているんですね。

 

学生時代は練習メッチャできたなーて人なんかは、

 

この類の人かなり多かったりするんですよね。

 

それは学校の依頼演奏などでやることに

 

入っていたからがんばっていたわけで、

 

その目標たるものがなくなってしまうと、

 

やらなくなってしまう原理だったりもしますよね?

 

特に環境が変わると大きく

 

雅楽ができるかできないかというのは

 

非常に大きかったりするんですよね。


2, じゃあどうすれば練習時間を生み出すことができるのか?


じゃあどうすれば練習時間を

 

生み出すことができるのか?

 

これについて話していきたいと思います。

 

結論から言えば、仕事など様々なモノに対して、

 

「がんばることをやめる」

 

すなわち「やることリスト」ではなく、

 

「やらないことリスト」を作ることが重要なんです。

 

え!?と思う方も多いかと思いますが、

 

実際一番効率的な方法はこれにつきるかと思います。

 

日本人のいいところでもあり、

 

悪いところでもあるのが「勤勉すぎる」ところがあります。

 

楽しいことよりもしんどい時間の方が多いと

 

思い込んでいるところにあったりするわけです。

 

上司や会社から言われたことに対して

 

何でも「がんばります!」と言ってしまうところに

 

問題があるんですね。

 

雅楽だってそうですよね?年輩の人が

 

若手に「期待してるぞ!」と言うと

 

「がんばります!」ていってしまう、

 

言わざる終えない状況だったりするわけです。

 

しかし、「がんばる」というのは英語での意味合いになると

「最善の」という感じの意味合いで

 

使われることが多いんですね。

 

要は今の人等というのは、

 

何に対しても取捨選択をせずに

 

がむしゃらに何かに打ち込むこと、

 

これが善とされていたわけですが・・・

 

結局なところ、そのようなやり方をしてきたことで

 

長時間労働が蔓延化して、

 

ブラック企業というものが出てきてしまい、

 

日本は長時間労働をしているくせに、

 

生産性が低いのはなぜか?

 

と言われてしまう集団になってしまったんですね。

そんな中だからこそ、

 

「がんばることをやめる」ことが

 

非常に重要になってくるわけです。

 

そのような中で何が必要で何が不要なのか?

 

それも一例を出して行きましょう。

 

まずは無駄なモノをどんどんなくしていっちゃいましょう

 

よくあがるのは飲み会。

 

これに関しては正直いい飲み会と悪い飲み会がありますが、

 

自分にメリットがないと思う飲み会には参加しないこと、

 

これは非常に重要になります。

 

飲み会一回参加するだけでまあ

 

3000円~5000円はかかっちゃうのと、

 

時間も3時間は奪われてしまうので、

 

それをなくすだけでも練習時間とか

 

自分の時間を確保できますよね?

 

後はLINEやメール、

 

電話に応じるものも取捨選択をすることです。

 

Lineに関しては何か案件がある場合は

 

既読スルーしてしまっても大丈夫です。

 

気を遣っていけない理由を考える習性、

 

僕も最近まではもっていましたが最近はもう

 

基本的には既読スルーめーっちゃします!

 

連絡くださっている人ごめんなさいね。

 

最近は既読してから5秒でやりたいなと思うこと

 

以外は既読スルーしています。

 

会う人も取捨選択していきましょう。

 

誰かに会いたい気持ちがあるのはありますが、

 

会って自分の糧になる、

 

情報やエレルモノがある人にはすぐ

 

会いに行くくらいにするのも重要です。

 

仕事も選びましょう。

 

これ絶対無駄じゃんて仕事ありますよね?

 

そういうものをどんどんなくしていくことに

 

意味があるんです。

 

会議も同じです。

 

日本の会議システムというのは

 

ドがつくほど効率が悪いです。

 

特に六人以上の人数になる会議と、

 

議題がない定例会的なものに関しては行くメリットは

 

全くありません。

 

自分が発言した回数0の会議なんているだけ無駄です。

残業なんてやめちゃいましょう。

 

やるだけ無駄です。

 

残業やるくらいなら、

この時間までに何がなんでも終わらせる

 

ビジネススタイルを持つ方が重要です。

 

その為に無駄なことをなくしていっちゃえば多分

残業なんてしなくてもいけるようになります。

 

僕等はおそらく、

 

あらゆる無駄なことをやって

 

やることリストが増えて

 

頭がパンパンになってしまっているわけですね。

 

これに陥るから「普段は練習できません!」

 

大体の人は言うんですね。

 

断る=悪みたい人もいますが正直それは思い込みです。

 

断ることはどんどん断る、

 

そうしていくと自分らの時間を作ることなんて

 

簡単になってきます。

 

いやいや、そんなことやったら怒られまくるやん!

 

ていわれるかも知れない。

 

「怒られていいんです!」

 

僕なんてめーっちゃ怒られてる!。

 

陰口たたかれてます!多分どっかで嫌われています!笑

 

雅楽界の人等敵に回してでも

 

こうやって話しているわけなんで・・・

 

でも怒られたらイノベーションを

 

起こすことができるんです!

 

その時間で練習時間だって作れちゃいます。

 

向上心をもって練習をすることができ、

 

普段の自主練以上の成果を出すことができるでしょう。


3, 山口のがんばらずに練習時間を編み出している方法


 

これは非常にシンプル。

 

基本的にはこの時間に練習をすると決めてしまっています。

 

普段の日課の中で、スケジュールが入っていなければ

 

大体山口が練習をする時間は

 

夜の8時から10時の間と決めています。

 

入っている日は大体演奏や稽古だったりするので、

 

その現場でそれ相応の練習は終わっている状態です。

 

そうすればその2時間以外は別のことにコミットできますし、

 

その時間はそれ以外のことを

 

やることはほとんどありません。

 

その中で、最近決めたのですが、

 

山口は今、何をやらないようにしているかというと、

「会議・自分が出なくていい行事」

「無償での演奏・お稽古」

「雅楽以外での時給での労働」

「自主公演にマニアックな曲はしない」

「内容がなさそうな飲み会・会合」

「その他は5秒ルール」

 

を基本的にはやりません!

 

まず自分が発言していない会議と行事、

 

この辺はすみません!

 

もうでません!

 

というのも,雅楽以外でやっていることもあるんですが、

 

会議や行事は時間が長いのと、

 

議題が最初から提示されてなかったりしますし、

 

僕が参加している会議ってほとんどが

 

基本的に六人以上の会議ばっかりなんですよねー。

 

自分が出る意義がどこにもないので

 

オンラインだろうがオフラインだろうが

 

基本的にはでません!

 

それだったら議事録だけ見れば大丈夫かーということで、

 

もう今年からは僕はでません!

 

会議運営している方々ごめんなさい。

 

行事も今コロナの関係で大体は中止になっていますが

 

これからは基本でません!

 

これは書籍「7つの習慣」で出てきた

 

4つ目の習慣の「Win-Winを考える」

 

沿っているのですが、

画像1

結局でたところで自分にメリット、

 

Win-Win になれないんで基本的には

 

全部No-Deal【なし】にした方が

 

得策だなと思ったので、これもでません。

 

無償での演奏・お稽古、

 

これも以前はケースバイケースで

 

やっていたりしてましたがもう

 

今年からは基本的にやりません!

 

Lose-Winになりやすいからです。

 

今後は有償な情報が得れるところには自分から向かって

 

参加しますが基本的には

 

もうボランティアでやることはもうやめました。

 

その代わりより満足に行くお稽古や

 

演奏ができるようにはさせていただきます。

 

そして遠方過ぎる演奏も基本的には引き受けません。

 

特に赤字かプラマイゼロになるものについては基本的に

 

お断りさせて頂いております。

 

それだけの価値があるものと判断すれば例外的には

 

参加させて頂く予定です。

 

今年は12月にとある奉納演奏については

 

自分から行きたいと志願して

 

参加するとかなら全然行かせて頂きます!

 

雅楽以外での時給で働くのも今年からはやめます!

 

稽古は時給でやっているので矛盾していますが、

 

昨年は時給でバイトしてましたが、

 

このようなことをすることは今年からやめます!

 

現にやめました!

 

正直やりたくもないことに時間の切り売りするのは

 

効率が悪いなと思ったので、

 

今年は雅楽以外での時給労働はやりません!

 

「自主公演にマニアックな曲はやらない」

 

これは一具とかですね。

 

基本的には身内や内輪が喜ぶようなものの

 

演奏会をやることはやりません!

 

誰もが聞ける程度の演奏会の演目しかやりません!

 

自分の糧にならなさそうな飲み会・会合はもうでません!

 

あるやつだけいきますがそれ以外はいきません!

 

いっても最初のつまみ食いする程度しか参加しません。

 

ごめんなさい。

 

同級生からのLINE

先輩や後輩からのLINE

営業関係の電話

SNSのDM

 

変身する必要がないメール

 

全て既読スルーさせていただいております!

 

ちゃんと見ているのでご了承を。

 

既読スルー=お断りと思って下さい。

 

YouTubeのコメント欄ももうやめました。


そうやっていくとたくさんの時間を生み出すことが

 

できるようになりました。

 

練習はいつでもできるわ、

 

行きたい時にどこでもいけるようになり、

 

家族との会話もよくできるようになり、

 

お稽古も常に本気で向き合うことができ、

 

演奏会の演目の練習にも

 

先生から指摘があった箇所の練習にも

 

フルコミットできるようになりました。

 

全てをやるのではなくて取捨選択をして

 

仕事を選び演奏やお稽古活動をしていくこと

 

これができるかできないかで今後どうやって

 

雅楽に向き合えるかもかわってきます。

 

残りの案件は基本的に5秒ルールを

 

導入するようにしています。

 

5秒考えてこれはいきたい!て思わなかったら基本的には

 

断るスタイルをとるようにさせていただいております。

 

用件が抜けている案件とかは用件を極力聞くようにしています。

 

それを聞いた上で受けるか断るかを決めるようにしています。

このような感じで、人生を取捨選択していく、

 

これだけ時間にせわしない時代に生きているからこそ、

 

今後どんどんやることリストではなく、

 

やらないことリストを作っていくことで、

 

練習時間を作っていくことも非常に重要なことなので、

 

本日は雅楽とはちょっとちがう趣向でのお話でしたが、

 

こういうお話をさせていただきました。

 

という感じで本日のまとめです。

 

1,そもそもなんで練習時間が作れないのか?


毎日やることリストを従順にやりすぎていた


2, じゃあどうすれば練習時間を生み出すことができるのか?


やらないことリストを作って取捨選択をしていく


3, 山口のがんばらずに練習時間を生み出している方法とは?


会議に出ない、

演奏やお稽古の取捨選択、

やりたくないことで時給では働かない

マニアックすぎる演目はやらない、

LINEは既読スルー、

五秒ルール

 

という感じで本日もありがとうございました。

 

また、大阪市や大阪狭山市などで体験事業をしたり、お稽古も承っております。






今のところこういうお問い合わせで

 

既読スルーをすることは

 

ありませんので、

 

安心してお問い合わせ頂けたら幸いです。

 

という感じで本日はここまで!

 

ご静聴、ありがとうございました。










 


















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2020/8/26時点)




 



 
SHARE
シェアする

ご予約

 webからのご予約承っております。