ブログblog

2020.08.07ブログ



こんにちは。山口です。

いつもご視聴頂きまことにありがとうございます。

YouTube版はこちら








本日のお題は、なかなかブラックな内容です。

知らない間に僕等は団体に洗脳されている!?という、

もうこういうお題をいうと炎上する。怒られる。

でもこのちゃんねるを見て下さっているみなさんは、

日本人の方が多いからこそ、みなさんにも少し考えてもらいたい話しだと

思いこんな動画を撮らせて頂いて居ります。

突然ですが、山口、最近読書をするのが趣味になっております。

てなんの話しやねん!

ここ1ヵ月の中で8冊くらい読書を終えましたが

今日はそんな8冊読書を通して思ったことの一つが

「僕等は無意識のうちに雅楽団体、いやその前から、


かなりの洗脳を受けて教育されてきたのではないか?」


ということが自分なりにこれはみなさんに

是非知ってほしいなと思いましたので、

今日は僕等が洗脳されている理由について

解説の方をしていきたいと思います。

1, そもそも洗脳って?


まずは洗脳とはなにか?

これから話していきたいと思います。

洗脳と言えば出てくるのはカルト教団でもある統一教会。

有名なのは勧誘されてそこにいってしまえば、

頭の中が洗脳されるまであるビデオを見せられることによって

その人の頭の脳内の考え方がその思想になってしまうことであったり、

近年では若い世代の人が「アムウェイ」

「ティーンズジャパン」といういわゆるネットワークビジネス

よばれるマルチにはまったりしましたよね?

まあこの二つの会社の関係者はマルチじゃないという

理由を30分かけて語ってきますが、

普通にマルチとそんな変わらないですよね?

あれもすっげえ長い時間マニュアルに従って話聞かされて、

その人を洗脳することができなければ壮大な無駄な時間を使って

勧誘して、みんながんばって営業するけど、

そもそもスキでもない商品の営業をするもんだからまあうまく行かないけど

うまくいっている人の写真を大量に見せられたからいつかはうまく行く。

と洗脳されてやっている人が多かったりしますよね?

実はこの日本社会における「洗脳」の原因というのは、

実は小学校の教育からすでに始まっているものです。

What’s!?

て思う方もいると思いますが、まじです。

学校と言えば学年がありクラスがあり、地方だったら顔見知りかもしれないけど

全く見知らぬメンバーの空間の中で

「みんなと仲良くしましょう!」だったり

「いじめはだめ!」

とか

「制服」、「頭髪」、「カバン」、「給食」など

学校に要る時間はみんなが同じものを身につけ、同じものを食べ、

最近では地毛だろうが黒染めにしろという謎な教師もおれば

たくさんの教養を学ぶ上でルールがたくさんあるわけです。

いえば、一つの社会がもう学校にあるわけですね。。

その中でクラスの中で「民主主義」を目指し、

成績なんかも、どれかが特化しても褒められず、

体育祭や文化祭では、個人の一位より、チームの一位の方が重きが高く

「平均的」な人間が重宝されるような世界。

そして目上の人には敬った言葉づかいをしましょう!とか

あれ?こんな世界どこかで見たことないですか?

はい、日本社会が間違いなくこれですよね?

要は、今の日本の学校システムというのは、

平均的な人間を量産する為の機関

すなわち「サラリーマン養成機関」と思ってもらえたら一番いいわけですね。

そう思いません?

その為、どれか一つに特化した子に対しては教員というのは

否定的であったり、

全部の成績がBクラスの子は重宝される仕組みになっていたんですね。

かくいう山口も、中学校時代はチョーがつくほど落ちこぼれでした。

音楽だけが特化して評価がめーっちゃ高かったですが、それが高かろうが

先生達は他の成績の悪さを指摘する方が多かったくらい。

親からもよく怒られた記憶がありましたね。

要は「サラリーマン養成所」であり

「個人特化型養成所」ではなかったことから

もう将来あなたたちはサラリーマンになって会社の社畜になって

国に尽くして下さいね。

と洗脳されていたようなものなんですね。

高校・大学もそのような方向が強いでしょう。

恐らくサラリーマン養成所じゃないのであれば、

国民保険や年金、資産運用や確定申告など、

普通こんなこと学校で教えないといけないことを教えてないというのは

普通におかしいことですよね?

資産運用以外はサラリーマンだったら会社が勝手にやってくれる。

そういう前提で日本の学校教育というのは、教育をしてきているわけです。

そして結婚をして子どもを作ってとなるとどうなるか?

こういう形にすることで、会社を辞めると子どもが養えなくなる

こういう状況を作って働けるまで働いてもらう状態を

僕等はまさかの学校教育から

「洗脳」を受けていたことがわかっていただけましたかね?

2, 雅楽団体は僕等にどう洗脳してきたのか?


こういう話しをしていきたいと思います。

まあここまでおわかりの通り、学校教育はサラリーマン養成所で

あったことはわかっていただけたかと思いますが

そもそも雅楽団体って何をベースに作られているのか?ここを考えれば

もう知らないうちに洗脳されていることがわかるわけですね。

残念ながら、現行の雅楽団体というのは、

「会社・組織」をベースにしている団体が多いです。

なんと!?

これは団体だけではなく、学校の部活動なんかもあてはまりますよね?

まず大体の団体が年功序列ですよね?

年功序列というのは江戸時代に新井白石が、儒学、

儒教の教えを幕府に

取り入れたのが始まりで、

目上の人を敬うという行為をはじめた制度が、
現行も名残として残っているんですね。

要は年功序列の始まりは、江戸幕府にあるわけですね。

○男尊女卑
これも明治時代に強くなった思考の一つで、未だに団体によっては舞がだめ、
宮内庁の楽師も女性はだめという謎の決まりが洗脳的に残っています。

○宮内庁が一番
宮内庁が設立したのも明治時代。それまでもそれ以降も「世襲制」楽家で
雅楽を伝承していた名残もあり、基本的な伝承は宮内庁でされていたわけです。
現在は、楽家じゃない人も結構増えてきたと聞いています。
個人的には、ここはもう一番ではなく、天皇のように「象徴」という形に変える
方がいいかなと思ったりしていますが、今やっている楽師さんや国が許さないかな?

実際最近は伶楽舎のような民間のプロ団体も出てきたことから、
宮内庁を退所された先生を除けば、

そこまで宮内庁と民間の演奏技術の

差がどんどんなくなってきているようにも

個人的には感じますね。

○管楽器は1人1つ
1つ以上すると持管が下手になるぞといわれますね。
そんなことは全然ありません。
僕は三管吹きますが、むしろ三管とも

まだまだレベルアップするでしょう。

○会の移動・独立を何よりも禁止されている

これは東儀秀樹さんなんかが非常に良い例ですね。

18歳で宮内庁に入り、途中まで宮内庁の楽師だったわけですが、

宮内庁を止めて今では雅楽の楽器やバンドなどを通して、

現代曲やポップス・俳優の活動をされているわけですが

宮内庁側とすれば当時、御法度だったわけです。

そのため、現在でも宮内庁の楽師内では、

あんまり評判がよくない、妬まれている方も

少なくないようです。

とはいえこの閉塞的な世界を一番最初にぶち開けた第一人者としては、

非常に偉大なことをされたとは思うばかりですね。

この東儀さんがメディアに登場していくことによって、日本の中でも

雅楽を初めて知った方もかなり多かったようです。

他にも、他団体に移籍をしたら、「引き抜きだー!」とか色々言われるわけですよね。

これはマジでよく聞いたりしますけど、

ここは僕個人の意見ですが、高校野球とかに「野球留学」ってありますよね?

あれって例えば奈良県の高校だけど出身が奈良じゃない子が8割とか普通なわけで

大阪の高校だと甲子園出場できる確率が低いから、地方の高校に野球留学をする、

とあんまり変わらないことだったりしますよね?

「自分がここにいても伸びないだろう」という感覚と非常に近い気がします。

またはラグビー日本代表も国籍がちがう代表の選手が多くなりましたよね。

自国だと代表に選出する可能性は低いけど日本ならいける!とかいろんな事情を経て、

スポーツの世界ではこのような引き抜きと思われることも多くなり

今では日常茶飯事のことになりましたが、

それと同じくらい「引き抜きだー!」とかいうのって今のご時世からすれば非常に

くだらない言い分だなって思ったりもします。

自分で決めてやったことを団体という「モノ」に依存して叩く

手法を使われる方がなんと多いことかって感じです。

他は団体によって様々な洗脳がありますね

○○で雅楽をやらなければ上手くなることは出来ない。

○○で教えていることが一番雅楽界で正しい!



○○でしか雅楽をすることはできない

飲み会に出ないとうまくならないぞ。

あの団体はこういうことをしたんだ!

絶対にあいつらとは関わるな!

などこういうことが代々言われ続けて、本当にそういう世界なんだなーて

無意識のうちに洗脳されることだってあるわけですね。

全部が全部ではないかと思いますが、

大方はそういう類と思えばいいでしょう。

ある団体の非常に悪い噂、こういうのが会内ででることも

多かったりする団体もありますよね?

僕も団体にいるときはよく聞いてましたが

果たしてそれは真実なのか、考えたりしたことありますか?

これも非常におもしろくて、

両者の言い分を聞いたら見えてくることが多いんですね。

片方の意見を鵜呑みにしていると、

知らないうちに僕等はその団体に洗脳されてしまうことになるので、

注意をすること、客観的に捉えて話を聞いていくと

その辺の真意が大きく見えてくることも多いですね。

また、サラリーマン的な感じですが、

○○先生の元で雅楽をすれば安泰だ。

○○会で雅楽をする以外に道はない。ここ以外は安泰ではない。

会以外の活動は禁止。

キミは若いからまだまだ練習がたりないな。もっと練習しろ!

俺は雅楽歴○十年だぞ? おまえなんてまだまだ

こういう言葉を鵜呑みにしている方いませんか?

はっきりいって、こういう言葉を言う人等は基本的にあなたを洗脳して

会として都合のいいようにあなたを使いたいだけです。

1つの場所にとどめさせて、その人の人生のことなんて考えず

団体がよければすべてよし。

そういう感じで考えている人が多かったりするんですね。

とはいえ、これは僕の偏った意見だったりします。ははは

にしても、各団体というのは未だに昭和風なこと、

いやまだ江戸・明治のようなことばっかりやっているおかげで

若手の奏者が全然いなかったりしますよね?

ただでさえ仕事が会社というさっきの洗脳的なことをやって、

ブラック労働させられていることが多いのに、

それで更に洗脳的な団体で雅楽をする、

これをやるともうストレスのストレス、

になってしまいますよね?

最近では雅楽だけでなく、宗教も体質が非常に似ているため、

若い人がどんどん減っている、

僕自身も家が天理教ですが、未だにこの洗脳体質をしている結果、

上層部の無能なおっさん達が上にはびこった状態で物事が

進められていくわけですから

教団から離れる若い方が多かったりします。

まあ離れるっていっても、行事に行かないとか、

教会に行かないとかその程度で

そういう心を持って生活をしている方は多いかと思いますが

要はこういう僕等は見知らぬ間から、世の中から多大なる洗脳を受けて教育され、

そして雅楽の団体までもに洗脳されていたということが、

無意識のうちにあった。

でもこれはもう仕方ないですね。

多分こういう感じでいってきましたが、

多分団体をやっている側の人間でさえ、

洗脳してやるんだーヒャッハーって考えて

やっている人はそんなにいないと思います。

日本的な考え方・思考、こういうものによって自然に出来上がってしまった

と考えるといいのかなとも思ったりするわけです。

ただし、こういう洗脳体質な労働環境や雅楽団体にしても、

正直もう完全にオワコン化していることには変わりありません。

という感じで

3,じゃあこれからどうしていけばいいの?


ここに移りたいと思います。

これに関して僕としてあげたい提案は2つあります。

まず一つ目は、そういう団体に入ってしまっているのであれば、

今すぐ辞めることをオススメさせていただきます。

いや、めっちゃ簡単に言うやん!って思う人もいるかと思いますが・・・

まあ今後変わっていくんであれば問題なかったりしますが、

そんな簡単に変わりませんよね?

それかある程度の技術をつけた後でもいいかもしれませんが、

長居をすることは禁物です。

そういう団体に長くいてしまうと、知らないうちに無意識に洗脳されてしまうことにより、

いつになっても辞めることができない環境に陥ったりすることだってあります。

色々理由・いちゃもんつけて辞めさせないようにあの手この手をつけてくるかと

思いますので、そこを振り抜いてがんばってください。

「いやいや、自分が上層部になって変えればいいじゃん」とか思う方も

多分いるかもしれませんが

正味無理だと断言します。

そういう団体には色々規則ありますし、

そういうところはよくも悪くも中途半端に民主主義だったり

黒幕的なポジションの人間も多かったりするので、

そして何より、回りが何事にも承認をしないと行動できない人しかいないような

社会が既に構築されているので、恐らくあなたが本気でその団体を変えようと思っても

20.30年は余裕でかかるかと思います。

多分宗教の教団や政治家のように、世の中を変えるぞー!とか、

思って全然変わらない状況と同じくらい、

難しいと思って下さい。

しかも30年かけてやったら僕は29歳なので、59歳!?

もうおっちゃんですね・・・

しかもその59歳になってようやく上層部になれるくらいと考えたら・・・

はい!30年間が無駄な人生になっちゃいますよね?

それだったら、自分自身で団体立ち上げた方が自分の

理想の団体を作る可能性の方が

全然高いわけですね。

多分10年本気でやればその団体よりもいい団体を

作ることは可能でしょう。

やり方によってですけどね。

まあ団体を立ち上げないにしても、

他のそういう洗脳的なことをやっていない団体ですね、

そういうフラットな環境でやっている団体も現在は多くなってきました。

そういうところに鞍替えをすることもこれからは重要だったりするわけです。

僕はやるのであればそういう団体や、

そういう人を見つけて雅楽をする方が、

今後としても気持ちは楽に、尚かつ上達もできる個人での環境を

作ることができるのではないかなと思っています。

山口はもうどフリー!団体の主宰や団体を統轄する場にいたり、

別の会のメンバーとして演奏会に出ることもありますが

基本は色んな団体に属しているかわからない程度の

フリーな状態で活動しています。

縛られるモノを作ってしまうとその時点で色々とめんどくさいとも思ってしまうので

ある程度の距離を保ちながら、

各雅楽団体と関わったりする程度にしています。

2つ目は、勉強をしましょう。という提案。

え?雅楽と勉強関係なくね?思う人いるかと思いますが、いや、

これめっちゃ関係あるわ、とここ最近つくづく感じています。

正直この話はちょっと高度かもしれませんが、

僕とかは雅楽演奏家として活動をしていますが、

じゃあなぜ雅楽は日本の伝統音楽で世界最古の音楽なのに、

ひろまっていないのですか?

なんで東京芸大や天理大学卒のバカみたいに雅楽上手い人等は

これまでたくさんいたのに

なんで雅楽一本を仕事にできなかったのですか?

バイトしながらやる人もいますよね。

僕も3月まで普通に演奏家しながらバイトしてましたよ。

すごい団体も活発的に依頼を受けている団体もある。

じゃあなんでその団体で

多分ここに関してもそうですが、今のご時世何が流行していて、

他の音楽界はどういう活動の展開をしているのか?

そしてなんでこういう団体がいつまでも変わらないのか?

なんでここまで団体で雅楽やるだけで人間関係につまずくのか?

雅楽の演奏や装束の勉強をしてそれが誰に伝えれるのか?

知っている人にしか伝えれませんよね?

こういうところを打破していくためには

雅楽以外のことを勉強していないわけですから

雅楽がうまい!雅楽の知識がある!

それで終わっちゃうんですよ・・・

勉強の内容は正直なんでもいいわけです。

最初はわかりやすい自己啓発本読むでもいい、

テクノロジー学んでもいい、

教育系の本やお金の本を読んでもいい、

心理学まなんだって日本史だろうが音楽史学だろうが

マーケティングとかでもいいです。

雅楽以外の教養を身につける、これをやることが今後の雅楽が

日本・世界でどう展開していくかが重要になってくるわけです。

多分雅楽をやる人間がこんなことを言うってまあないっすよね?

雅楽以外の勉強しましょうとか絶対誰も言わんわ・・・

やっぱり一番は本を読むことをおすすめしたいですね。

だからこそ山口は一ヶ月で8冊くらい読んでいるわけですが・・・

本はすごい楽しい。だって自分の繋がりのない人等の考え方、そういうものと対話できる

と言う素晴らしいモノなので、個人的にはYoutubeを見るや、テレビを見るよりも

本を見た方が教養の情報力は圧倒的に飛躍する。そう思うばかりです。

とはいえ、本を読むのはちょっときついと言う方も多いかと思うので、

最初は動画で勉強していくこともオススメしたいと思います。

僕がオススメなのは「中田敦彦のYouTube大学」、


なんか間違いが多いとか
言う人もいますがここまでわかりやすく教える学校はまあどこいってもないでしょう

というくらいわかりやすさのクオリティが高いです。

最近では日本史や数学とかそれ以外にも、色んな本から教養に結び付ける動画もたくさんありますので、この辺で勉強していくのも今後が見えてくるかも知れませんね。

という感じで、僕としての結論はさっさとやめて、勉強をしましょうという
かなりスパルタなことを言わせて頂きました。

こんなこと言ったら団体でやっている人らに怒られる!

でもしょうがないじゃん。もう自分自身で色々学んでいったらこういう結論になってしまったこと、お詫び申し上げます。

という感じで本日のまとめに入らせて頂きます。

1, そもそも洗脳のはじまりはどこからか?
2、 雅楽団体は僕等にどういう洗脳をしてきたか?
3, じゃあこれからどうしていけばいいの?


という感じで、今日もみなさんにこのような団体に所属しながら、

雅楽と関連して色んな話しをしていきたいと思いますので

引き続きちゃんねる登録されていない方はぽちっとお願いします。

それでは本日はここまで!ご静聴、ありがとうございました。

SHARE
シェアする

ご予約

 webからのご予約承っております。